旧「学術講演会」

お知らせ 学術講演会

お知らせ

 
NPO法人言語発達障害研究会 創立30周年記念
  第7回学術セミナーのお知らせ

※ 終了しました

  ・チラシのダウンロード(PDFファイル 約763KB)
  ・抄録集のダウンロード(PDFファイル 約1.2MB)
▼主 催: NPO法人 言語発達障害研究会
▼日 時:

2013年7月25日(木)13:00〜17:30
            (受け付け開始 12:15)
2013年7月26日(金)9:30〜16:00
            (受け付け開始 9:10)
       (開始・終了時間は予定)

▼内 容: 言語発達研究会は1984年に発足し,言語発達障害児者への言語・コミュニケーション支援の方法やプログラムの提案および検討を行ってきました。今回,創立30周年を記念し、第7回学術セミナーを開催します。
新たに開発された「ひらがな文字検査」と「FOSCOM(対人コミュニケーション行動観察フォーマット)」の紹介や,言語発達障害への多様な支援の在り方・学齢期〜成人期の支援について検討していきます。

スケジュール
○7月25日(木)
12:15〜
受付開始
13:00〜14:30
新規開発検査
司会:東江浩美
  国立障害者リハビリテーションセンター

『ひらがな文字検査 HITSS』
佐竹恒夫,足立さつき,池田泰子,宇佐美慧
14:40〜16:20 学童期〜成人期のコミュニケーション生活への支援
司会:本間慎治
 (社)発達協会王子クリニック


重度知的障害を伴う自閉症者への日中活動支援
田中里実

成人期重症心身障害児へのAACアプローチ
知念洋美

言語発達障害児・者のコミュニケーションパートナーについて
〜支援者へのアンケートから見えてきたこと〜
大西祐好
16:30〜17:30
一般演題
司会:平野千枝 狭山市青い実学園

記号形式-指示内容関係の段階2-2(ふるいわけ)の児童が音声記号を獲得する過程
松田玲奈

就学前のLDリスクが疑われるケースへの支援を考える
〜2症例をとおして〜
梶縄広輝

○7月26日(金)
9:10〜
受付開始
9:30〜10:00
一般演題
司会:越 一恵 東京都立光明特別支援学校

発達障害情報・支援センターウェブサイトの紹介
−言語発達障害の臨床に役立つコンテンツを中心に−
東江浩美
10:00〜11:45
新規開発検査
司会:林 耕司 長野医療衛生専門学校

対人コミュニケーション行動観察フォーマット(FOSCOM)の開発
東川健,宇佐美慧,宇井円,梶縄広輝,
古森一美,田中里実
12:45〜14:15
招待講演
司会:倉井成子 九州保健福祉大学

「音声発信困難」の障害機序について
〜小児発達性発語失行から表出性コミュニケーション障害の背景となる認知機能障害についての一考察〜
川崎聡大
14:30〜16:00
特別講演
司会:那須道子
 八千代市児童発達支援センター

2語連鎖(理解)の訓練プログラムと言語形式
小寺富子,伊東由紀

▼会 場: 国立オリンピック記念青少年総合センター101 号室
(東京都渋谷区)
http:// nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html
▼参加費: 一般:6,000円(事前振り込み5,000円
会員:5,000円(事前振り込み4,000円
学生:1,000円(当日参加のみ,事前登録なし)
※ 事前振込の割引は終了しました。
▼定 員: 160人
▼参加申込: ホームページの申込フォームより,お名前,所属機関名,住所,電話番号,メールアドレス,一般か会員かを記入の上,お申し込み下さい。

 ・申込フォームはこちら

Faxでのお申し込みはFAX申込用紙をご利用ください。

 ・FAX申込用紙(PDFファイル 約51KB)

事前振込の割引は終了しましたが、申し込みは受け付けております。
資料等の準備のため、なるべく事前申し込みをお願いします。
当日申し込みも可能です。

▼参加費の支払い: 当日受付にて参加費をお支払い下さい。
▼連絡先: 〒292-0825 千葉県木更津市畑沢2-36-3
言語発達障害研究会事務所
Tel&Fax 0438-30-2331
E-MAIL mailto:info@lipss.jp

 
NPO法人言語発達障害研究会 創立30周年記念
  第7回学術セミナー 演題募集のお知らせ

         
※ 終了しました。

▼開催趣旨:
 言語発達研究会は1984年に発足し,言語発達障害児者への言語・コミュニケーション支援の方法やプログラムの提案および検討を行ってきました。今回、設立30周年を記念し、第7回学術セミナーを開催します。つきましては下記の通り、演題を広く募集しますので,検討の上ご応募ください。

 今回は新たに開発された「ひらがな文字検査」と「FOSCOM(対人コミュニケーション行動)の評価フォーマット」の紹介や,言語発達障害への多様な支援の在り方・学齢期〜成人期の支援について検討していきます。
▼発表内容:
  • 症例報告
    症例などの訓練・療育経過についての報告。
  • 評価・訓練プログラムの提案
    言語訓練や療育に関連する新しい評価・訓練プログラムや、既存のプログラムを改善したり掘り下げ・拡大したものを提案。
▼申込資格: 言語発達障害児者への支援に携わる方。会員、非会員を問いません。
▼日 時: 2013年7月25日(木)、26日(金)
▼会 場: 国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)
▼発表時間: 症例報告等:30分(発表15〜20分,質疑応答10〜15分)
講演等:1時間(応相談)
▼申込方法: 申込フォームより、発表者氏名、所属機関名、発表者の住所、電話番号、メールアドレス、演題名、発表の概略を記入の上、お申込み下さい。

オンライン申込はこちらから
▼演題募集締め切り:
2月28日(木)
▼抄録原稿締め切り:
発表者には,3月31日(日)までに,800〜1200字程度の抄録を提出していただきます。
▼一般の参加申込:
後日ホームページ掲載時点から受付開始します。
▼連絡先: 〒292 0825 千葉県木更津市畑沢2-36-3 
言語発達障害研究会事務所
Tel&Fax 0438-30-2331
E-MAIL mailto: seminar@lipss.jp
Homepage http://www.lipss.jp/


第6回 言語発達障害研究会 学術セミナー 2006.05.30 up

 終了しました。たくさんのご来場、ありがとうございました。

▼テーマ  

言語発達障害への多様な言語・コミュニケーション支援の展開
−養護学校・通園施設における言語・コミュニケーション支援−

▼日時 2006年7月28日(金)  午前10時〜午後5時(予定)
▼会場 横浜ラポール
http://www.yokohama-rf.jp/shisetsu/rapport/
横浜市港北区鳥山町1752  TEL:045-475-2055
東海道新幹線・JR横浜線・横浜市営地下鉄 新横浜駅より徒歩10分
▼参加費 一般:4,000円(事前登録 3,000円)
会員:3,000円(事前登録 2,000円)
  ※会員=言語発達障害研究会会員
学生:1,000円(当日参加のみ、事前登録なし)
▼参加申込 当日参加も可能です。

事前登録の締切日: 6月30日

・郵便局配布の郵便振替用紙にお名前、住所、電話番号、所属、一般か会員の区分を明記し、下記口座へご送金下さい。
 
 ※銀行口座をご希望の方は、事務所までお問い合わせ下さい。
 
・事前登録の参加費を受領した方には、はがきにて受領証をお送りします。
 

▼お問い合わせ先
NPO法人言語発達障害研究会事務所
〒292-0825 千葉県木更津市畑沢2-36-3
Tel. & Fax. :0438-30-2331 
E-mail:info@lipss.jp
ホームページ:http://www.lipss.jp/

 

※2006年7月27日(木)には、スキルアップ講習会 記録方法も行われました。


メールはこちらまで
info@lipss.jp
このページの最初に戻る▲
学術セミナーの先頭へ▲▲
ホームへ▲▲▲