第4回学術講演会抄録集

印刷版2002年12月発行

目次

言語発達遅滞児へのコミュニケーション支援

7/26(木)
AM 10:20 B群(音声発信困難)児へのコミュニケーション支援
司会:林 耕司(長野赤十字病院)
  症例報告

発語の増えない児のコミュニケーション訓練
─T群(音声発信未習得)からB群(音声発信困難)への経過・AAC(補助・代替コミュニケーション)を活用して─

 小原千枝(千葉県袖ヶ浦福祉センター治療教育室)

  講演

知的障害を伴う表出性言語発達遅滞児の音声言語表出にむけた指導について 
─AAC(補助・代替コミュニケーション)手段を用いて─

 高泉喜昭(東京小児療育病院)

PM 12:50 重複障害(運動障害・知的障害)児への
コミュニケーション支援

司会:知念洋美(千葉リハビリテーションセンター)
  症例報告

重度脳性麻痺児のコミュニケーションへのアプローチ

 三浦直子(姫路市総合福祉通園センター)

  症例報告

重度運動障害児の言語指導
─文字の色×数字コード化を中心に─

 大西祐好(横浜市中部地域療育センター)

PM
14:20

年長言語発達遅滞児へのコミュニケーション支援
司会:那須道子(八千代市ことばと発達の相談室)
 

症例報告

8歳T群(音声発信未習得)児における発信行動の習得過程について

 本間慎治(日本福祉教育専門学校言語聴覚療法学科)

 

症例報告

A群(音声受信未習得)ダウン症児の言語発達
─AAC(補助・代替コミュニケーション)の活用まで─

 倉井成子(国立身体障害者リハビリテーションセンター)

 

講演

学齢期以降の言語発達遅滞児に対する言語訓練の実践
─プログラムと行動変化─

 小寺富子(元国立身体障害者リハビリテーションセンター)

 
7/27(金)
AM
 9:45
研究報告
司会:東川 健(横浜市北部地域療育センター)
 

健常児の文字形弁別力について

 足立さつき(日本福祉教育専門学校)

AM
10:15

自閉症スペクトムの子どもへのコミュニケーション支援
コーディネーター:飯塚直美(よこはま発達クリニック)

  講演

自閉症概念の歴史と援助手段の変遷
─カナーから自閉症スペクトラムへ 60年間の歴史─

 内山登紀夫
(大妻女子大学人間関係学部・よこはま発達クリニック)

  講演

高機能自閉症スペクトラムの言語とコミュニケーション

 飯塚直美(よこはま発達クリニック)


症例報告

重い知的障害を伴う自閉症児へのコミュニケーション指導

 岩根章夫(姫路市総合福祉通園センター)

  症例報告

自閉症児のコミュニケーション手段の拡大
─描画による伝達を指導した事例を通して─

 藤岡紀子(愛媛十全医療学院)

  研究報告

質問−応答関係の学習

 東江浩美(越谷市ことばの治療相談室)

 

パネルディスカッション

PM
17:30

懇親会

 


メールはこちらまで
 info@lipss.jp

このページの最初に戻る▲
講演会の先頭へ▲▲
ホームへ▲▲▲