訓練マニュアル<2> 目次

第1章 初期操作・移動・ふるい分け
総論−1 段階2 事物の基礎概念(0歳9カ月以上の発達レベル)
 1.ポイント
 2.基本的方法
各論−1 段階2 事物の基礎概念(0歳9カ月以上の発達レベル)
 3.事物の機能的操作の成立と拡大
  3−1.事物−場所(容器)(輪)
  3−2.対となる事物(事物X−事物Y)(太鼓)
 4.移動行動の形成
 5.文脈依存のふるい分け−異なる事物のふるい分け−
  5−1.異なる事物のふるい分け(輪と積み木)
  5−2.異なる事物のふるい分け(小球とリング,太鼓)
  5−3.異なる事物の選択(小球とリング,太鼓)
 6.文脈依存のふるい分け −事物の材質特性他に基づくふるい分け−
 7.色特性に基づくふるい分け
総論−2 事物の非機能的操作(0歳9カ月未満の発達レベル)
 8.事物の非機能的操作
各論−2 事物の非機能的操作(0歳9カ月未満の発達レベル)
 9.事物の非機能的操作の成立と拡大

第2章 空間認知
総論
 
1.ポイント
各論
 
2.ペグを用いた系列構成
  2−1.左右系列構成
  2−2.色ふるい分け−左右系列構成
  2−3.色対応の左右系列構成
 3.位置・方向の構成・弁別
  3−1.左右位置の構成(2点)
  3−2.位置の構成(4分割座標)
  3−3.方向・位置の構成
  3−4.方向・位置の弁別
 4.描線
  4−1.点結び
  4−2.線・図形の描線
  4−3.ます目を用いた模写
 5.ひらがなの書字

第3章 統語
総論
 
1.ポイント
 2.基本的方法
各論
 
3.語順の方略
  3−1.語順の方略(文字)
  3−2.語順の方略(立て図)
 4.助詞の方略
  4−1.助詞の方略(文字)
  4−2.助詞の方略(立て図)
 5.比較文
 6.授受構文・受動・使役・関係節他
  6−1.授受構文
  6−2.受動
  6−3.使役・関係節

第4章 質問−応答関係・文章
総論
 
1.ポイント
 2.質問−応答関係の内容
 3.基本的方法
各論

 4.叙述(第6章 コミュニケーション参照)
 5.現前から非現前への移行(第6章 コミュニケーション参照)
 6.質問(ネーミング要求)(第6章 コミュニケーション参照)
 7.質問[なに?]
 8.語彙・語連鎖学習時の質問
 9.なぞなぞ
10.系列絵(文の連鎖・文章−1)
11.絵本(文の連鎖・文章−2)
12.文章の聴理解・読解

第5章 コミュニケーション
総論−1
 
1.コミュニケーションの基礎理論
 2.発達的観点
各論−1
 発達的プログラム
 3.初期の要求行動(身体接触)
 4.大人を組み込んだ行動パターンの形成−1
 5.大人を組み込んだ行動パターン−2(ままごと)
 6.初期の要求行動(物)
 7.叙述
 8.現前から非現前への移行
 9.質問(ネーミング要求)
総論−2
 コミュニケーション(動態的)
11.コミュニケーションのモデル
各論−2
 コミュニケーション(動態的)
12.コミュニケーションの訓練プログラム
13.基礎的状況理解能力他

第6章 数
総論
 
1.ポイント
 2.基本的方法
各論
 
3.基礎
 4.数概念の形成
  4−1.ブロックカード・指の対応
  4−2.系列化
  4−3.範疇化
 5.指との対応
 6.数称・数字との対応
 7.数の合成・分解(加減)
  7−1. 5以下の合成・分解
  7−2. 5以上の合成・分解
 8.比較
 9.序数
10.文章題

第7章 療育指導プログラム(家庭療育)
総論
 
1.ポイント
 2.内容の構成
 3.基本的方法
各論
 
4.「I.基本的養育態度の確立」
 5.「II.就園・就学前後」
 6.「III.0歳後半〜2歳前後」
 7.「IV.2歳以上」
第8章 記録法
総論
 
1.ポイント
各論
 
2.セッションごとの記録方法
  2−1.ローデータとセッションのまとめ
  2−2.課題事態の記述
  2−3.記録方法と枠組み
 3.中・長期のまとめ
付録
 
1.略号リスト
 2.セッションの記録例
 3.療育指導プログラム
  I.基本的養育態度
  II.就園・就学時
  III.0歳後半〜2歳前後
   A.事物の機能的操作〜手伝い
   B.言語記号の受信
   C.言語記号の発信
   D.コミュニケーション
  IV.2歳以降
 4.発信(表現)語彙調査リスト
 5.初期身振り記号リスト
 6.動態的コミュニケーション
 7.索引
 8.文献


メールはこちらまで
 info@lipss.jp

▲このページの最初に戻る
▲▲論文著作のトップへ
▲▲▲ホームへ